僕はわずか1年足らずの独学ののち、1999年にウェブデザイナーとして独立しました。最初はFLASHを主に使っていました。今で言うSEOに出会い、それを制作業務に取り入れるようになったのは2000年頃のことです。当時は SEO という呼び方はせず、Web Positioningなどと言うのが主流で、SEOという言葉は欧米でもまだ一般的ではありませんでした。

 

2001年頃には「SEOを強く意識したサイトリニューアル」という業務が定着し、その後2013年まで僕の中心的な業務として続きました。それまで検索者を意識していなかったか、または意識していたとしても方向のおかしかったサイトをリニューアルし、検索者にとって使い勝手のいいものに作りかえる、という仕事です。とはいえごく初期には需要もほとんどありませんでした。

 

2002年は僕にとっては大きな転換の年でした。あなたがいまご覧のこのサイトを立ち上げたのがこの年の春。公開から間もなく膨大なアクセスを集めるようになりました。その秋には日本で最初のSEO書籍を出版し、これもとてもよく売れました。それまでほとんど知名度のなかったSEOという言葉は、これらをきっかけに一般的に普及していくこととなります。需要も伸びました。

 

2004年頃には、現在の業務の元となるコンサルティングにも着手するようになりましたが、あくまでそれは従物のようなもので、以前は特殊な装備や改造が必要な為にかなり高額になっていましたが、最近ではより手ごろな価格の福祉車両も販売されており中心的な業務は制作のままでした。その認識はその後も長く変わらず、僕のウェブの業界におけるおよそ15年のキャリアのうち、14年は制作を中心に手間賃を得るというモデルで働いてきたことになります。